-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-19 (火) 15:52
829 名前:なごむ[sage] 投稿日:2011/09/13(火) 18:52:01.05 ID:YMTy0Dim0
母の名前がユキで、私はユカ。
父は携帯のアドレス帳に、家族は下の名前だけで登録している為、
たまに母へのメールを間違って私に送ってくる。

今日昼頃、
「ビデオ借りてくるけど、ユキちゃん何か見たいのある?」
というメールを受信。(父はDVDをビデオと呼ぶ)
家じゃ亭主関白気取りで母を「おい」「お前」としか呼ばない父が
「ユキちゃん」と書いていた事で職場で笑い転げてしまった。
すぐに「私がユキちゃんに聞いとこうか?」と返信すると、「死にたい」と返ってきた。
死なれちゃ困るので、父の好物のプッチンプリンの大きいのを三つ買って帰ってきた。
今、父が帰宅以降一度も私の目を見ず、皿にプッチンして自棄食いしてるのを、
母がニヤニヤしながら見ている。
スポンサーサイト
2012-06-15 (金) 14:32
988 名前:なご[sage] 投稿日:2010/09/17(金) 00:30:52 ID:GbSR59+I0 [1/2]
私もばあちゃん繋がりで。

祖母と電話で亡くなった祖父の話をしていると

祖母「この間ね、おじいちゃんが夢にでてきたのね」(よく出てくるらしい)
私 「うんうん」
祖母「いつもニコニコしてるのにね、おじいちゃん、黙ったままでなんかね怒ってるの。だから『お父さん、どうして怒ってるんですか?私なにかしましたか?』って聞いたんだけど黙ったままなの」
私 「うんうん。それで?」
祖母「朝になって目が冷めてね、お仏壇に行ったらね、お供えしてたビールの蓋を開けてなかったの!おじいちゃん、それで怒っちゃったみたい(^∇^)だからね、急いで蓋を開けておじちゃんに謝ったの!」
私 「私には会いにきてくれないのになぁ。で、で?」
祖母「次の夢ではニコニコしてたわ!」

結婚してから亡くなるまで喧嘩らしい喧嘩をしたことがない祖父母。
まさか亡くなってまでラブラブっぷりをみせつけられるとは思いもしなかったよ。


989 名前:なごみ[sage] 投稿日:2010/09/17(金) 01:03:21 ID:68YwXXL40
かわいいおばあちゃんだね、開けてなかったの、で、
思わず笑っちゃったよ。
開けてないくらいで怒るなんてって思って、おじいさん黙った
ままだったのかな


992 名前:なご[sage] 投稿日:2010/09/17(金) 09:58:41 ID:GbSR59+I0 [2/2]
>>989
ありがとう!
すんごいかわいいばあちゃんだよ!
じいちゃんは無口で温厚、全く怒らない人なんだ。だから、怒ってたじいちゃんにばあちゃんはびっくりしたみたい。

とにかくビールが好きでオアズケ状態がきつかったんじゃないかなあ。
byばあちゃん。

恋人がいないかわいい孫に出会いを下さい。
じいちゃあああああん!!
2012-06-06 (水) 15:08
591 名前:なごみ[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 00:11:17 ID:MRHaYdshO [1/2]
いつものように公園で野良猫達と戯れていたら、近所のおばあちゃんに話かけられた。
おばあちゃん「あら、たくさん今日は猫ちゃんがいるのね」
私「少ないですよ~普段は11~2匹ぐらいいますよ」
おばあちゃん「Σ(・◇・)そんなに?!」
私「子供嫌いなんで夕方からの集まりになるみたいですよ」
おばあちゃん「(´・ω・`)そうなんだ……」

ちょっと寂しそうなおばあちゃんに、そこにいない猫たちの写真を見せてあげてみた。

おばあちゃん「かわいいね~」
私「やっと懐いてくれて、撫でさせてくれる子もできたんですよ!」
おばあちゃん「私はね、猫ちゃんとお話してるの!!話し掛けたらにゃーってかえしてくれるのよ!(`・ω・´)」
私「うわああ、いいなぁ!」

とまた写真を見せる私。

おばあちゃん「ちゃんとカメラの方みるのね~」
私「この子達は撮られるの好きですよ。カメラ向けるときちんと見てくれたりしますし、あっでも…気分ですけどww」

おばあちゃん「!?(`・ω・´)」
おばあちゃん、鞄を除く。

おばあちゃん「……(´・ω・`)携帯重いから置いて来ちゃった……」

その後少し話をして、おばあちゃんは怖がりな野良猫(ブチ※私命名)に話し掛けるも逃げられ、しょんぼりとして帰って行きました。

なんかとにかく猫にもおばあちゃんにもなごみまくってしまった。
また会えないかなぁ。
2012-06-01 (金) 16:17
54 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 08:36:45
空港行きの電車で見かけたお年寄りのご夫婦
カジュアルな感じでシンプルながら爽やかな服装で、
お二方とも小ぶりのリュックにカートという姿だった
手荷物見分け用にカートに付けてたのがハンカチとかじゃなく
白クマのミニぬいぐるみで、ご主人のは青い服、奥様のは赤い服着てるやつだった
仲良さげな様子とそのぬいぐるみでなんかあったかい気持ちになった
あと、降車時立ち上がったら、お二人とも150センチの身長の私より小柄で可愛さ倍増だった
あんな風に可愛く年とりたいな
2012-05-31 (木) 16:42
75 名前:なご[sage] 投稿日:2010/09/22(水) 08:55:26 ID:kS7lg3Km0

719 :おさかなくわえた名無しさん [↓] :2010/09/21(火) 17:49:41 ID:TRNGT2Ho
電車の中で、高校生くらいの男子二人組の会話
途中から聞いてたんだけど、Aの兄達が実家を出ていくって話っぽい

A「上の兄貴がアパートみつけて、ペット可だからトラジロウ連れてくとか言って」
B「トラジロウって?」
A「これ」(携帯見せる)
B「猫かよw 待ちうけにすんなよw」
B「で、ふざけんなって言ったら、下の兄貴もアパート探してんだけどもうキャリー買ってあって
  『俺、トラジロウ連れてくんですけど?』とか言って、上の兄貴マジ切れ」
B「え?お前の兄、二人とも出てくの?」
A「働いてんだから、いいかげん出てけって親父が言ったの。
  つーかトラジロウはうちの猫だし、拾ってきたの俺だし、俺の猫じゃね?
  勝手に連れてくとかって意味わかんねー
  あいつらが出てくのはどーでもいーけど、トラジロウ連れてくってありえねーし」
B「何で猫の取り合いになってんだよ」
A「それで両方とも、トラジロウ連れてけないなら出てかないとか言うから親父ブチ切れ」
B「何やってんだよお前んち」

この後も延々とトラジロウの話が続いていた。



87 名前:なご[sage] 投稿日:2010/09/22(水) 18:51:40 ID:7dAYwbfu0
>>75を読んで思い出した、母から聞いた話。
母友宅は、父・母・息子3人の5人家族。
その内、母と末息子が猫が好きで、他3人に相談無しで猫をもらってきたらしい。
最初は「猫~?」って言っていた父と息子二人もあっという間に猫のとりこ。
なかでも長男は一浪中なのに、勉強もせずに1日猫を構っていて、二浪の危険性がww
そんな男連中を連れてホームセンターに行くと、ペットグッズコーナーで男どもが固まって
「うちの●●ちゃんに似合う素敵な首輪がない!!」
「うちの●●ちゃんに似合う素敵なおもちゃがない!!」
って全員でブツブツ文句言いながら、色々買い込むんだそうだww
もともと猫好きだった母友がドン引くほど、愛されているらしい。

で、↑の話を聞いたのって、10年近く前なんだよね。
なんか>>75の話が、その家族のその後だったら面白いなーと妄想したw
2012-05-29 (火) 14:51
181 :彼氏いない歴774年:2010/11/11(木) 13:40:36 ID:csGcxWmQ
某駅新幹線ホームで、2~3歳の男の子連れたお母さんと中年の駅員さん

母「すみません、入場券で入ったんですけど、新幹線の中とかは…見られないんでしょうか?」
駅「ああ…スミマセン。入場券では、新幹線内への立ち入りはご遠慮頂いております」
母「そうですか…ありがとうございます。(子供に向かって)●●~、中はやっぱり入れないって」
子「ちんかんちぇん!ちんかんちぇん!○○けい!△△けい!ちんかーんてぇーん!」(上機嫌)
母「お外から見ようね~。えーっとあれは何系…かな…おかーさんちょっとわかんな」
駅「あ、お母さん、あれは△△系のこだまですよ」
母「そうなんですかぁ~、ありがとうございます。△△系だって」
子「△△けい!△△けい!ちんちゃんちぇん!!!!」
駅「あのですねー、お母さん、その入場券では新幹線内へお乗りいただけないんです」
母「?はい?」
駅「今の時間は、当駅始発ではないのですぐ発車してしまうものばかりなんですね。
ただちょっと時間が掛かりますが、今から約30分後に◆番線に入る、◎分初の車両は当駅初で
停車時間が多少長めです。で、普段でしたらこの列車は大変空いておりまます。
切符を改めさせて頂くのは発車後です」
母「……!あ、ありがとうございます!」
駅「いえいえ、私は何も伺ってませんし言ってません。ホームは寒いので、お気をつけ下さい」
母「はい!はい!ありがとうございます!●●!駅員さんにお礼!」
子「あーったー!」(多分敬礼のマネ)

駅員さん子供にビシ!と敬礼。子供おおはしゃぎ。
ここに書いちゃったけど私も何も見なかったし聞かなかったw
2012-05-25 (金) 14:33
187 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/02/01(火) 08:51:19 ID:pjhPI6n4
父はもう五十代なのに若い格好をしたがる。
こないだ、PORTERの白いテカテカのショルダーバッグを買ってきてご満悦だった。
ある日父がそこからおやつをだした。どんどんだした。バッグは空になった。
おやつしか入ってなかった。

財布と携帯はポケットの中だった。


188 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage  ] 投稿日:2011/02/01(火) 10:28:31 ID:a8lhad4w
>>187
ひったくりに遭ったら犯人はびっくりしそうだね
昔、某やばそうな国の航空会社(フラッグキャリア)の機長のかばん持ちをしていて
機長がたまたま荷物を整理していて、ちらっと中が見えてしまったんだが
中身は核兵器の部品でも銃器でもなくて

コアラのマーチのようなお菓子がいっぱい入ってた
2012-05-25 (金) 14:26
806 名前:なごみ[sage] 投稿日:2011/09/12(月) 21:37:17.81 ID:s37L1h/30
昼にドトールでテイクアウト待ってたら
お爺さんがカウンターに来るなり「メロンソーダ(`・ω・)」って言って
「申し訳ありません、メロンソーダは置いてないんです…」って言われて
(´・ω・`)ってなってた
2012-05-15 (火) 14:51
929 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 21:21:35 ID:ZYwWhvyh
親の仕事の関係(オタク系)でよくアメリカに招かれて行く
小学校のとき連れて行かれたパーティで、親とはぐれて途方にくれていたらメタボなお兄さんに話しかけられた

 (゚∀゚)「どうしたの、一人?日本人?」
(´・ω・)「日本人。親とはぐれちゃった」
 (゚∀゚)「日本人か!ゴジラシッテマスカ?(←片言の日本語)」
(´・ω・)「一応見たことはありますけど」
 (゚∀゚)「ヤッホウ!やっぱり日本人はみんな見てるんだね!モスラノウタウタエマスカ?(←かたk(ry」
(´・ω・)「歌えますよ」
 (゚∀゚)「教えて!あれなんて言ってるか分からないの!」(手帳を開く)
 (゚∀゚)「カタカナなら読めるから、書いてくれる?」
そこで、手帳に歌詞を書いてあげた
 (゚∀゚)「やったー!超嬉しい!日本の特撮ってやっぱ最高だよね!!」
その後一緒に親を探してくれて、見つけてくれて、別れ際にはゴジラの小さな人形をくれた

昨年、大学で友人になったアメリカ人の家に遊びに行った
彼女のお父さんが出迎えてくれた
 (゚∀゚)「…君、ハリケンジャーの歌歌える?」
(´・ω・)「…歌えますけど…」
 (゚∀゚)「教えて!あれかっこいいよね!日本の特撮最高!」
(そう言って手帳を開く)
(´・ω・)「…お父さん、モスラの歌歌えます?」
 (゚∀゚)「うん、昔日本の子に教えてもらったよ!」
(と言って机の引き出しから別の手帳を出してくる)
 (゚∀゚)「ほら!」
(´・ω・)「…これ、書いたの私です」
Σ(゚∀゚)「……What!!!!????」

運命の再会でした。日本の特撮好きすぎて日本に移住したらしいです。
友人はすし屋でバイトしています。
2012-05-15 (火) 14:47
オカルト和む話注意





281 :1/2:2011/05/17(火) 20:54:26.87 ID:992OzIQ00
じゃあ、うちの実家に居た幽霊の話。通称「がしゃがしゃのおじさん」「がしゃがしゃさん」
基本子供にしか見えない。中学生ぐらいから自然と気にならなくなる。
なんで「がしゃがしゃ」かというと、鎧を着てるから。(鉄ずれの音がインパクトに残るようで)
少なくとも爺様が子供の時にはもう居たらしい。

家に入った泥棒はとっちめたり、子供のお守をしてくれたり、延焼を防いでくれたりと
一見守り神のようながしゃがしゃさんだが、実はかなり恐がりでドジ。
テレビやラジオのようなものは慣れたらしいが、俺が子供の時はカメラやファンヒーターに
びくぅ!とすくみあがる姿を何度も見た。(音や光にびっくりするらしい)

その最たるもので今でも語り種なのは、俺が子供の時の話。
沢遊びに行って、足を滑らせて深みにはまった従兄弟を助けようとして飛び込んだ父。
それと同時に何故か一緒に飛び込むがしゃがしゃさん。
「え?ついてきてたの?」と訳が分からないまま呆然と見てたら、父が従兄弟を抱えて岸辺に戻ってきた。
水飲んでないみたいだし大丈夫だな、よかったなー、と騒ぐ大人達をよそに、子供一同川に釘付け。
手足バタバタさせているがしゃがしゃさん……明らかに溺れていた。


283 :2/2:2011/05/17(火) 20:57:34.46 ID:992OzIQ00
「うわあ助けないと!」と騒ぐ子供。俺は父に「がしゃがしゃさん溺れてる!」と言うと、
「鎧きてんのに何やってんだバカかー!」と父も慌て出す。
「どこらへんに居るんだ、俺もっぺん飛び込むから(父にはもう見えてない)」という親父を制し、
いつも冷静な兄貴が一言「……一度死んでるのに溺れるもん?」
しーんと静まり返った中、鎧の鉄ずれの音をさせてがしゃがしゃさんは川から浮き上がり、
バツが悪そうに背中丸めて立ち去っていった。

先日実家を取り壊す時に、十何年ぶりに姿を見かけた。
恐がりでドジなうえに泣き虫なおじさんだと判明。鎧はぼろぼろで落ち武者みたいだった。
親父や爺様にどことなく似ているから御先祖なんだろうか。
今では兄のところにいるがしゃがしゃさん。
電気ケトルのスイッチがきれるバチン!という音にびくびくしてると甥っ子が教えてくれた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。